Googleが教えてくれたこと

Google

前回は、少し話が難しかったですかね。

テクノロジーの仕組みの話って、なぜああも説明しにくいんだろうと思います。

たぶん、あまりにも生活に入り込みすぎて、もはや説明がつかないっていうのはあります。

「はぁ、もう、なんで、ベンリさ!」ってオバーが言う感じですかね。

僕が、このシリーズで言いたかったことはズバリ

「ビジネスってコミュニケーション」ではありませんか?

以上。

そこから考えたら、テクノロジーもシンプルですよっていうことです。

これは、まさしく経営者の皆様には釈迦に説法。

これを意識していない経営者っているんでしょうか?逆にw

◆経営とマーケティングは一体である

ある企業で、商談をしたケース。

広告宣伝部門やWEBプロモーションの打ち合わせで、こんな会話が生まれます。

「結果的に社長が全部決めるんですよ~」

「提案しても、経営層にダメだしされて萎えるんですよね~」

そして、こんな風景もイメージされます。

社長「自分にはそういうセンスがないから、若いチームで考えてごらん」

スタッフ「こういう提案どうでしょうか?」

社長「あー、これはね、こういう場合があるよ。どう考えてる?」

  「あ、これね、たぶんこういう風にはならないよ、どうしたもんかな?」

これって、実は当たり前なんです。

僕は、経営者より優秀な営業・マーケッターをあまり見たことがありません。

「情報」と「コミュニケーション」への意識が最も高いのが経営者だからです。

そういう人が経営者になるんだと思います。

マーケティングってつまるところ営業です。

逆に営業を効率化するのがマーケティングです。

少しシンプルに整理すると、

「情報=名刺の数と人脈」→データベース

「コミュニケーション=交流の数と質」→アルゴリズム

これが、社員がどうしても経営者を上回れない理由です。

そう考えると、経営からマーケティングは切り離せません。

営業は切り離せますが、マーケティングはむしろもっと一体になるべきです。

◆ビジネスをデジタル化の前に、ツールとして便利に使うということ

で、マーケティングって何ですか?というと(本質は営業しない仕組みをつくることですw)

「テクノロジーを活用して効率的に顧客とのコミュニケーションを深めることです」

と答えます。では、どうすればいいですか?って聞かれると

いろいろ手法はありますが、まず最初に始めたいのは

「経営者が持っている情報をお客様に丁寧に提供することですね」

と、答えます。

そういう話から、具体的に紐解いていくと、何をすべきかは明確になります。

ビジネスは情報でできています。

情報はもっとも汎用性が高く活用しやすいコミュニケーションツール

情報発信は、ビジネスの源泉。

僕も22年カラオケ唄って、二日酔いで提案書を書いてきましたからわかります。

デジタルだ、なんだといっても、結局「人」だと思うのです。(ココはまた改めてw)

この人、この事業、この会社から買いたいと思っていただくことです。

追伸

いつか、スマートに営業したいと思いながら、これを書いていますw

今日もより善き一日を♪

NEXT:ComingSoon

関連記事

この記事へのコメントはありません。

0, 'orderby' => 'term_order', 'order' => 'ASC' ); $categories = get_categories( $args ); ?>
  • name; ?>